上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

「動物取扱業の適正化」について、環境省がパブリックコメント(国民の意見)を募集しています。


締め切りは8月27日(土)

あとわずかです・・・。

この貴重なチャンスにご協力いただけませんか?

意見の提出方法は、郵送かEメール・FAXです。


詳細は下記よりご参照下さい。

https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment


(分かりやすいひな形があるページ⇒投稿ツール


リンク先URLより ~~~~~~~~~~~~~~~~

今、環境省が動物取扱業の適正化について私達の意見を求めています

誰もが法案改正の賛否を直接投票出来る5年に1度しかない稀少な機会です!!
 


現在、動物愛護管理法(動物愛護法)の見直しが行われている中、2011年7月28日(木)~8月27日(土)までの1ケ月間、
「動物取扱業の適正化」について、環境省がパブリックコメント(国民の意見)を募集しています。



人間のための法律は沢山ありますが、動物を守ってくれるのはこの動物愛護管理法(動物愛護法)しかありません。


わかっているだけで年間23万匹の犬猫の殺処分が行われているという今の日本の現実を知り、
少しでも状況が改善されていくように、このルール改正に一人でも多くの方の声を届けて頂けませんか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下「じゅるのしっぽ」HPからの引用。

―――――――――――ここから―――――――――――
動物愛護管理法の改正は、5年に1回行われています。
じつは5年前の改正では、『8週齢規制』(8週齢未満の子犬子猫を親から引き離すことを禁止)が、ほぼ間違いなく改正される見通しでした。


ところが、パブリックコメントの結果が、反対約9500通、賛成200通という愕然とする結果でした(リンク先(2)意見の概要2行目参照)。


環境省は頑張ってくれたのに、その苦労を国民が無駄にしたのです。
今年も、現状を守ろうと必死なペット業界の組織票が集まることでしょう。

――――――――――――ここまで――――――――――――――


私はEメールで送信済です。
家族4人分も送る予定です。

このパブリックコメントの対象は、猫のみならず犬・ハムスター等多岐にわたっています。
ご興味のある方、ご協力お願いします<(_ _)>


☆情報拡散も大歓迎です☆


関連記事

スポンサードリンク

Secret

TrackBackURL
→http://norazu.blog.fc2.com/tb.php/339-3e01f432
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。